このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

auプラン(Aプラン)音声通話関連サービス

お留守番サービスEX(オプションサービス)

  • 本章でご案内している内容は、Android端末ご利用時の一例です。
    ご利用の端末によって、一部の手順が異なります。

お留守番サービスEXについて

電源を切っているときや、電波の届かない場所にいるとき、「機内モード」を有効に設定しているとき、一定の時間が経過しても電話に出られなかったときなどに、留守応答して相手の方からの伝言をお預かりするサービスです。

■お留守番サービスEXをご利用になる前に

  • ・お留守番サービスと着信転送サービスは同時に開始できません。お留守番サービスを開始しているときに着信転送サービスを開始すると、お留守番サービスは自動的に停止されます。
  • ・お留守番サービスと番号通知リクエストサービスを同時に開始すると、非通知からの着信を受けた場合に番号通知リクエストサービスが優先されます。

■お留守番サービスEXでお預かりする伝言・ボイスメールについて

お留守番サービスEXでは、次の通りに伝言・ボイスメールをお預かりします。

お預かり(保存)する時間 7日間まで ※1
お預かりできる件数 99件まで ※2
1件あたりの録音時間 3分まで
  • ※1.お預かりから7日間以上経過している伝言・ボイスメールは、自動的に消去されます。
  • ※2.件数は伝言とボイスメールの合計です。100件目以降の場合は、電話をかけてきた相手の方に、伝言・ボイスメールをお預かりできないことをガイダンスでお知らせします。

■ご利用料金について

月額使用料 324円(税込)※申し込み月、解約月は日割り料金
特番へのダイヤル操作 入力する特番にかかわりなく、蓄積された伝言・ボイスメールを聞いた場合は通話料がかかります。伝言・ボイスメールがないときなど、伝言・ボイスメールを聞かなかった場合は通話料がかかりません。
遠隔操作 遠隔操作を行った場合、すべての操作について遠隔操作を行った電話に対して通話料がかかります。
伝言・ボイスメールの録音 伝言・ボイスメールを残す場合、伝言・ボイスメールを残した方の電話に通話料がかかります。
  • ※ お留守番サービスに転送する旨のガイダンス中に電話を切った場合には通話料は発生しません。
    転送され応答メッセージが流れ始めた時点から通話料が発生します。

お留守番サービス総合案内(141)を利用する

総合案内からは、ガイダンスに従って操作することで、伝言・ボイスメールの再生、応答メッセージの録音/確認/変更、英語ガイダンスの設定/日本語ガイダンスの設定、不在通知(蓄積停止)の設定/解除、着信お知らせの開始/停止ができます。

1

ホームスクリーン→[(電話)] →141→[](発信)

2

ガイダンスに従って操作

お留守番サービスを開始する

■通話中にかかってきた電話もお留守番サービスに転送する

1

ホームスクリーン→[(電話)] →1411→[](発信)

2

](通話終了)

■通話中にかかってきた電話はお留守番サービスに転送しない

※ au VoLTE対応SIMでは、本機能をご利用いただけません。

1

ホームスクリーン→[(電話)] →1413→[](発信)

2

](通話終了)

■常時お留守番サービスに転送する

※ au VoLTE対応SIMのみ、ご利用いただけます。

1

ホームスクリーン→[(電話)] →1412→[](発信)

2

](通話終了)

■お留守番サービスEXでの留守応答について

  • ・無応答転送 : 電波の届かない場所にいた場合や電源を切っていた場合、または一定時間呼び出しても電話に出なかった場合
  • ・話中転送 : 通話中にかかってきた場合
  • ・選択転送 : 着信中に転送操作した場合

Memo

  • ・お留守番サービスを開始しているときに電話がかかってきても、着信音が鳴っている間は電話に出ることができます。

転送時間を変更する(無応答転送設定時のみ)

無応答転送を設定している場合、着信してから転送が行われるまでの時間を5秒〜55秒の間で設定することができます。

1

ホームスクリーン→「(電話)」 →1418XX→「(発信)」

XXには、設定する秒数(05〜55)を入力してください。

○ au VoLTE対応SIMで、秒数が1桁の場合は以下の手順となります。

ホームスクリーン→「(電話)」 →1418X→「(発信)」

(例:5秒に設定する場合は14185発信)

2

](通話終了)

Memo

  • ・ 初期設定は24秒となっています。
  • ・ au VoLTE対応SIMでは、端末設定画面の「通話設定」から呼び出し秒数の変更ができます。
  • ・ au VoLTE対応機種へ機種変更した場合や、au VoLTE対応機種から機種変更した場合、機種変更前に設定されていた呼び出し時間はクリアされ、初期設定の24秒に設定されます。

お留守番サービスを停止する

1

ホームスクリーン→「(電話)」 →1410→「(発信)」

○ au VoLTE対応SIMでは、以下の手順となります。

ホームスクリーン→「(電話)」 →1420→「(発信)」

2

](通話終了)

Memo

  • ・お留守番サービスを停止しても、録音された伝言・ボイスメールや応答メッセージは消去されません。
  • ・お留守番サービスを停止していても、伝言・ボイスメール再生「1417」、応答メッセージの録音/確認/変更「1414」などの操作をすることができます。

電話をかけてきた方が伝言を録音する

ここで説明するのは、電話をかけてきた方が伝言を録音する操作です。

1

お留守番サービスで留守応答

  • ・かかってきた電話がお留守番サービスに転送されると、お客さまが設定された応答メッセージで応答します。
  • ・電話をかけてきた相手の方は「#」を押すと、応答メッセージを最後まで聞かずに(スキップして)操作2 に進むことができます。ただし、応答メッセージのスキップ防止が設定されている場合は、「#」を押しても応答メッセージはスキップしません。

2

伝言を録音

録音時間は、3分以内です。
伝言を録音した後、操作 3 へ進む前に電話を切っても伝言をお預かりします。

3

「#」を押して録音を終了

録音終了後、ガイダンスに従って次のキー操作ができます。
「1」:録音した伝言を再生して、内容を確認する
「2」:録音した伝言を「至急扱い」にする
「9」:録音した伝言を消去して、取り消す
「*」:録音した伝言を消去して、録音し直す

4

電話を切る

Memo

  • ・電話をかけてきた方が「至急扱い」にした伝言は、伝言やボイスメールを再生するとき、他の「至急扱い」ではない伝言より先に再生されます。
  • ・お留守番サービスに転送する旨のガイダンス中に電話を切った場合には通話料は発生しませんが、転送されて応答メッセージが流れ始めた時点から通話料が発生します。

お留守番サービスを遠隔操作する(遠隔操作サービス)

お客さまの携帯電話以外の携帯電話、PHS、NTT一般電話、海外の電話などから、お留守番サービスの開始/停止、伝言・ボイスメールの再生、応答メッセージの録音/確認/変更などができます。

1

090−4444−XXXXに電話をかける

上記のXXXXには、サービス内容によって次の番号を入力してください。

サービス内容 番号 番号(au VoLTE対応SIMの場合)
総合案内
0141
1416
お留守番サービスの開始
1411
1418
1413
フル転送のみサービス停止 -
1419
※1418で開始したフル転送のみ停止します。
お留守番サービスの停止
1410
1430
伝言・ボイスメールの再生
1417
1415

2

ご利用の携帯電話の電話番号を入力

3

暗証番号(4桁)を入力

4

ガイダンスに従って操作

Memo

  • ・暗証番号を3回連続して間違えると、通話は切断されます。
  • ・遠隔操作には、プッシュトーンを使用します。プッシュトーンが送出できない電話を使って遠隔操作を行うことはできません。
  • ○暗証番号は「mineoマイページ」のご契約内容照会をご確認ください。
    (暗証番号の初期値は「1111」です。暗証番号の変更または、変更後の暗証番号の確認はmineoサポートダイヤルまでご連絡ください。)

日本語/英語ガイダンスを切り替える

お留守番サービスの操作ガイダンスや、標準の応答メッセージを日本語から英語に変更できます。
ご契約時は、日本語ガイダンスに設定されています。

■英語ガイダンスへ切り替える

1

ホームスクリーン→[(電話)] →14191→[](発信)

英語ガイダンスに切り替わったことが英語でアナウンスされます。

2

](通話終了)

■日本語ガイダンスへ切り替える

1

ホームスクリーン→[(電話)] →14190→[](発信)

日本語ガイダンスに切り替わったことが日本語でアナウンスされます。

2

](通話終了)